お焼香の流れを知っておきましょう

 
福山市葬儀お焼香

この記事を書いている人 - WRITER -
福山市・井原市を中心にお金をかけず気持ちをかけるお葬式を行っている。24時間電話対応のため、毎晩枕元に電話を置いて寝ている。趣味はカープ観戦、いつか仕事が落ち着いたらマツダスタジアムに行くのが夢。

福山市・井原市地域で一番の安心低価格
心温まる家族葬・直葬は
神辺ふかしな葬祭にお任せ下さい

そんなお手伝いをするのは黒田哲夫です

 

 

前回のブログはコチラ↓
各宗派のお焼香の回数は?

 

今回お伝えするのはお焼香の順番が
来てからの手順です。

 

【お焼香の流れ】

 

①焼香の順番が来たら席を立ち、
焼香台一歩手前まで進みます。

 

②手前まで来たら遺族の方へ一礼をして
焼香台前へと一歩進みます。

 

③祭壇の遺影に向いて一礼をします。

 

④各宗派のお焼香のやり方でお焼香を
します。

 

⑤合掌をして拝みます。

 

⑥もう一度遺影に向かって一礼をします。

 

⑦一歩下がって遺族の方へ一礼します。

 

⑧終わりましたら自席へと戻ります。

 

 

ここまでが一連の流れです。

 

これさえ押さえておけば「マナーのない人」って
思われないでしょう。

 

 

お通夜や葬儀に参列した時やお焼香をする際に
「数珠」はどうするの?どっちの手で持つの?など
気にされる方の為に。

 

数珠は宗旨宗派によってそれぞれの数珠が
ありますが、故人の宗派に合わせる必要は
ありませんので自身の宗派の数珠を持参すれば
いいでしょう。

 

参列した時の数珠の持ち方

左手で数珠を持ちますが、一重の数珠なら
輪の中に手を入れ握ります。

 

二重になる数珠は二重にして輪の中に
手を入れて握ります。

 

拝む時(合掌)は左手親指に掛けて
右手を添えるだけでも構いません。

もしくは合掌した両親指に掛けて
拝んでも構いません。

 

 

数珠や焼香を使わない
神道やキリスト教などの葬儀に
参列した場合はまたの機会に
ご説明します。

 

 

このブログを見てくれた方々の一助となれば
幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
福山市・井原市を中心にお金をかけず気持ちをかけるお葬式を行っている。24時間電話対応のため、毎晩枕元に電話を置いて寝ている。趣味はカープ観戦、いつか仕事が落ち着いたらマツダスタジアムに行くのが夢。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top