新型コロナウイルスの影響はここにも!

 
神辺ふかしな葬祭|直葬プランタイトル

この記事を書いている人 - WRITER -
福山市・井原市を中心にお金をかけず気持ちをかけるお葬式を行っている。24時間電話対応のため、毎晩枕元に電話を置いて寝ている。趣味はカープ観戦、いつか仕事が落ち着いたらマツダスタジアムに行くのが夢。

福山市・井原市地域で一番の安心低価格
心温まる家族葬・直葬は
神辺ふかしな葬祭にお任せ下さい

 

そんなお手伝いをするのは黒田哲夫です。

 

新型コロナの影響で当社も少なからず影響が出始めております。と昨日のブログにも書きましたが具体的に書き出してみたいと思います。

 

葬儀に影響

家族葬は少人数で執り行う葬儀となりますが、当社の地域では家族葬ではなく親族葬だったり近所の方や故人の友人知人が多数参列することがまぁまぁあります。

ですが、新型コロナの影響で人数の制限を考える家族も増えました。

そうなると、故人との最後のお別れができない方も少なからず出てきますよね。

でも、感染拡大防止と考えたらやもえません。

 

一般葬をする家族は、最後のお別れをしてもらいたいと願って一般葬にすることが多いようです。

中には世間体や見栄でする方もいますけどね。

ただ、一般会葬者の人数は減少するのは目に見えています。

新型コロナの影響で参列を控えて、香典は後日自宅へお参りした時に渡したり、現金書留で送ったりする方が増えてくるのではないでしょうか?

 

もしも、葬儀に参列して感染したともなれば、家族や周囲に大変な事態を巻き起こすかもしれませんからね。

 

法要にも影響

法要は家族や親族の少人数でされますが、新型コロナの影響でお寺と家族だけで済ませるケースが増えてきました。

 

親戚が参加されなければ茶の子や、お土産もなくなり、法要後の会食もなくなるケースが出てきております。

 

法要も同じように参列して感染したともなれば、家族や周囲に大変な事態を巻き起こすかもしれませんからね。

 

葬儀社ができる提案

【葬儀】
1.火葬だけ午前中家族のみで済ませて、午後から親族も交えて骨葬(家族葬)として執り行う

2.火葬だけ済ませて、後日改めて骨葬(家族葬・一般葬)として執り行う

3.経済的負担をなくすために火葬のみで執り行う

 

【法要】
1.家族だけでお寺でお勤めして墓参りして解散

2.家族、親族でお寺もしくは会館でお勤めして墓参りして、茶の子お土産お斎等は持ち帰りで解散

 

やり方はまだまだあると思いますが参考までに。

 

まとめ

葬儀社として売り上げにかかわる影響

1.葬儀や法要の規模縮小

2.参列者の減少

3.香典返しの数の減少

等々でしょうか。

 

これからは、新型コロナの影響だけが理由ではなく本当に規模が縮小された葬儀が増えていくのかと思っております。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
福山市・井原市を中心にお金をかけず気持ちをかけるお葬式を行っている。24時間電話対応のため、毎晩枕元に電話を置いて寝ている。趣味はカープ観戦、いつか仕事が落ち着いたらマツダスタジアムに行くのが夢。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top