身寄りがいない高齢者

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福山市・井原市を中心にお金をかけず気持ちをかけるお葬式を行っている。24時間電話対応のため、毎晩枕元に電話を置いて寝ている。趣味はカープ観戦、いつか仕事が落ち着いたらマツダスタジアムに行くのが夢。

福山市・井原市地域で一番の安心低価格
心温まる家族葬・直葬は
神辺ふかしな葬祭にお任せ下さい

 

そんなお手伝いをするのは黒田哲夫です。

 

 

もしも(亡くなった)の時は黒田さんに連絡は行くと思うけど、私が家で倒れて意識不明になったとしたらどうなりますか?
救急車は誰が呼んでくれるのでしょうか?

 

そんなご質問をいただきました。

 

言葉が出なかったですね……。

 

入院すると手続きや支払いなどは後見人さんがしてくれます。

身の回りのお世話をしてくれる方もいます。

 

救急車は誰が呼んでくれるの?

身寄りや近所付き合いも無く一人で生活をしている対象者の方は、自宅で突然倒れた時のことを心配しておられるみたいなので

ぼく「何かあればぼくに電話を下さい」と伝えたら

対象者「電話ができる状態じゃなければどうする」

ぼく「電話するより簡単な方法はないかなあ」

 

悩みました、考えました。

 

ない頭を使ってね。

 

そうだALSOK!

対象者の方に説明して確認してから直ぐに問合せをしました。

 

私が自宅に到着したのが9時30分頃で、担当者の方が来てくれたのが11時30分頃でしたね!

 

早い対応に感心してしまいました(笑)

 

ALSOKの見守りは24時間365日で、即座に対応してくれるのと設置機会がシンプルで携帯用は押しボタン式なので扱いやすいのが特徴でした。

 

対象者の方もこれなら「できる」と喜んでいました。

 

後はオプションですが「12時間トイレのドアが開かなければガードマンが駆けつける」というのもあるみたいでした。

 

まあそれはおいおいに考えることとして、今はこれで少し不安が解消できたのではないでしょうか?ねっ!

 

ぼくも少しホッとしました。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福山市・井原市を中心にお金をかけず気持ちをかけるお葬式を行っている。24時間電話対応のため、毎晩枕元に電話を置いて寝ている。趣味はカープ観戦、いつか仕事が落ち着いたらマツダスタジアムに行くのが夢。
 
Top