運転するには運転免許書が必要だけど葬儀の免許はいるの?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福山市・井原市を中心にお金をかけず気持ちをかけるお葬式を行っている。24時間電話対応のため、毎晩枕元に電話を置いて寝ている。趣味はカープ観戦、いつか仕事が落ち着いたらマツダスタジアムに行くのが夢。

もう夏本番かというぐらい暑い(-_-;)
動くたびに汗が滴り落ちるので
一番嫌いな季節です…。

 

福山市・井原市地域で一番の安心低価格
心温まる家族葬・直葬は
神辺ふかしな葬祭にお任せ下さい

そんなお手伝いをするのは黒田哲夫です。

 

嫌い嫌いと言っても好きなこともある…
それは
「アイスが食べれる」のだぁ(´艸`*)
って何書いとんじゃ……。(笑)

 

ときをもどそう

運転免許書はゴールド免許、葬儀の資格は?

晴れてこの年になってゴールド免許を
頂きましたぁ~(-_-;)←今までブルー。

 

嬉しいですね、初のゴールド免許です。
(何の自慢じゃい)

無事故無違反が五年間続くと貰える
ゴールド免許!ですぞ!!←しつこい

 

車の運転には必要(当たり前)ですが

葬儀を施行するうえで免許か何か

必要なの?と聞かれることがあります。

 

ハッキリ言います…

必要なし!

ただし、
「葬祭ディレクター」という資格が
あります。
これは、厚生労働省の認定制度の資格で
葬儀業界では知識や技能が一定以上ある
と認められたものです。

 

詳しくは下記をクリックして下さい。
葬祭ディレクターの詳細
(キャリアガーデンさんを引用)

 

この資格を非難するわけではないこと
初めに言っておきます。

 

どの資格でもあれば会社やスタッフの
信用度は増すと思いますが
知識や技能があるのは当たり前で
それでご家族からお金を頂くのですから。

 

その資格は本当に必要?

ぼくは全くの無資格です。

でも、ご家族から資格がないことで
責められたこともお金を払わないとも
言われたことがありません。

 

葬祭ディレクターの資格なんて
関係ないと思ってます。

ご家族の立場で考えて
ご家族の想いを
形にして故人を送り出す。

 

葬式は式次第があり
滞りなく終わるように
サポートするのが葬儀屋で
100点が当たり前です。

 

その間にご家族が大切な故人と
お別れをする時間をどれだけ
作って上げれるか
葬儀後の負担をなくすことが
できるかは
葬儀社(担当者)の力量では
ないでしょうか?

 

知識や技能だけあっても心がない

目先の売り上げだけを考えて
費用の追加を勧める

 

葬儀は知識や技能だけではなく
人と人との対応で

「よかった」
「ありがとう」

 

そんな言葉が頂けたら
100点以上じゃないでしょうか。

 

結局は葬儀社(スタッフ)の

人となりではないですか。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福山市・井原市を中心にお金をかけず気持ちをかけるお葬式を行っている。24時間電話対応のため、毎晩枕元に電話を置いて寝ている。趣味はカープ観戦、いつか仕事が落ち着いたらマツダスタジアムに行くのが夢。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top