福山市で葬儀をする時、コロナ禍での香典・供花・弔電などの仕方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
福山市・井原市を中心にお金をかけず気持ちをかけるお葬式を行っている。24時間電話対応のため、毎晩枕元に電話を置いて寝ている。趣味はカープ観戦、いつか仕事が落ち着いたらマツダスタジアムに行くのが夢。

今日は気持ちの部分を書いてみました

ちなみに前々回・前回のブログは
こちら↓↓↓

①コロナ禍での参列の仕方

②コロナ禍でできる葬儀

 

家族葬だからお供物をしなくても
いいの?

 

なんてことを聞かれる方がおります

 

 

福山市・井原市地域で一番の安心低価格
心温まる家族葬・直葬は
神辺ふかしな葬祭にお任せ下さい

そんなお手伝いをするのは黒田哲夫です。

 

 

香典やお供物(供花・盛籠)や弔電など
お断りするケースもありますが

 

基本的に気持ちの部分なので

お断りしない

方がいいと思います。

 

 

コロナ禍での香典・供花・弔電などの仕方

直葬だから

一日葬だから

家族葬だから

 

「だから」といって辞退しますと

喪主(施主)が言われますが、送る側は

「してもらったから返すのは当たり前」

そう思う方がほとんどではありませんか?

 

コロナ禍で参列ができなくても
気持ちを送ることはできます

そんな代りをしてくれるのが

供物です

 

もし当日にどうしても参列できない

なら

香典は後日、ご自宅へお供物と一緒に
お持ちしたらいいと思います。

 

供物(生花・盛籠)も同様ですが
盛籠はホールで飾ってあるような
容器ごとではなく果物の詰合せや
饅頭の詰合せなどを持って行かれると
いいと思います。

 

弔電は遠方で参列したいけど
出来ない方が弔電にして気持ちを
送る手段ですので
気持ちよく受け取りましょう

 

 

このように辞退するのではなく
受け取ることで葬儀自体も
華やかなお見送りができるのでは
ないでしょうか?

 

送る側の気持ちを汲んであげる
そんな葬儀(お見送り)を
されることで、受け取らなかった
という後悔が残らないのでは
ないでしょうか。

 

 

葬儀後からその方達と全く
お付き合いをされないなら
全てお断りされても
問題はないでしょう。

 

 

皆様の参考になれば幸いです

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございます

これを読んでくださった方全員が
明日も元気に過ごせますように祈っております

 

有限会社 神辺ふかしな葬祭
専務取締役 黒田哲夫(クロダテツオ)

 

神辺ふかしな葬祭〒720-2111
広島県福山市神辺町上御領569-1
お客様専用TEL:0120-63-0983
業者様専用TEL:084-960-1650 
お供物注文FAX:084-960-1651

営業時間 24時間年中無休

事前相談はお気軽<m(__)m>

 
 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
福山市・井原市を中心にお金をかけず気持ちをかけるお葬式を行っている。24時間電話対応のため、毎晩枕元に電話を置いて寝ている。趣味はカープ観戦、いつか仕事が落ち着いたらマツダスタジアムに行くのが夢。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top PAGE TOP