神辺ふかしな葬祭の3つのお約束

 
福山市葬儀見積書

この記事を書いている人 - WRITER -
福山市・井原市を中心にお金をかけず気持ちをかけるお葬式を行っている。24時間電話対応のため、毎晩枕元に電話を置いて寝ている。趣味はカープ観戦、いつか仕事が落ち着いたらマツダスタジアムに行くのが夢。

福山市・井原市地域で一番の安心低価格
心温まる家族葬・直葬は
神辺ふかしな葬祭にお任せ下さい

 

そんなお手伝いをするのは黒田哲夫です。

 

ご提示金額以上は頂きません。

 

他社では価格を上げようと、あの手この手で言葉巧みに誘導してきます。

その言葉を例に挙げると

「供養になりますよ」

「故人様の最後ですから」

「これもしてあげると喜ばれますよ」

「このプランには無いので、こちらにすると付いてますよ」

などと誘導します。

 

すると、ご家族の方は

「供養になるならそうして下さい」

「そうよね、最後だからしてあげようかしら」

「喜んでくれたらいいよね」

「このプランに無いなら、こっちのプランの方がいいわね」

この時点でご家族は納得しているようにも見えますが

担当者に言われるがままに誘導させられて決めているのです。

 

供養・最後・喜ぶ

この言葉だけで葬儀費用が吊り上っていきます。

 

担当者からすれば安い葬儀費用よりは高い葬儀費用の方が

売上になるので必死です。

 

 

平常心でいられるご家族の方はまずいないので

担当者の言葉一つで左右されがちになるのです。

見積りの段階でご家族の方が納得をしてから葬儀施行となりますが

この時点で追加費用がいるとは到底思いもしませんよね。

 

葬儀社によくあるのが会館使用料とは別に

親族控室料

寺院控室料

会食室

珈琲一杯○○円

おしぼり一本○○円

サービス料○○万円

その他にも挙げれば沢山あると思います。

 

上記のような内容は初めに提示してあれば

葬儀後の請求書を見ても驚く事はないはずなのに

請求書を見て驚くという事は教えてもらってないから

驚くのでしょうね。

 

 

神辺ふかしな葬祭では

 

火葬までに必要な物品は全て入った金額でご提案させていただいてますので

葬儀費用を釣り上げようとする物品は一切ありません。

 

ご家族によって故人に対する想いはそれぞれですが

必要な物品さえ入っていれば葬儀はできると思います。

 

祭壇へ飾る花の量

お棺の変更

お骨壺の変更

湯灌納棺

必要であれば会葬返礼品の用意

会葬お礼状の用意

通夜振舞いの手配

立飯料理の手配

仕上げ(精進落とし)の手配

バスの手配

 

そこから想いを形に変えれるように必要な物、不必要な物を

ご提案をできればご家族も納得して下さるのではないでしょうか。

 

納得のいく葬儀をしようと思ったら

事前相談が一番です。

この記事を書いている人 - WRITER -
福山市・井原市を中心にお金をかけず気持ちをかけるお葬式を行っている。24時間電話対応のため、毎晩枕元に電話を置いて寝ている。趣味はカープ観戦、いつか仕事が落ち着いたらマツダスタジアムに行くのが夢。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top