葬儀後に線香を絶やさない方がいいの?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福山市・井原市を中心にお金をかけず気持ちをかけるお葬式を行っている。24時間電話対応のため、毎晩枕元に電話を置いて寝ている。趣味はカープ観戦、いつか仕事が落ち着いたらマツダスタジアムに行くのが夢。

福山市・井原市地域で一番の安心低価格
心温まる家族葬・直葬は
神辺ふかしな葬祭にお任せ下さい

 

そんなお手伝いをするのは黒田哲夫です。

 

 

ご家族から聞かれた

「49日までは線香を絶やしたらいけないの?」

先祖から言われ伝えられてきたんだけど……。

 

 

そうしないといけないと教えてはもらってるけど

その意味までは教えてはもらってないみたいです。

 

 

線香にはどんな意味があるの?

 

線香というよりは線香から出る

煙や匂いに意味があるとされています。

 

①故人の食べ物

②あの世へと還る道標

③自身の身を清める

④ご先祖様との対話をする

 

いろんな説がありますのでご説明します。

 

 

①故人の食べ物

 

亡くなった方にとっての食事は「香り」と

言われ、香りは高上の食べ物なので、

亡くなられてから49日の間は、

お線香を絶やさないようになどと

言われております。

 

出だしに書いた事の例ですね。

 

昔から仏壇にお供えする御仏飯は

朝炊き立てのご飯をお供えします。

その湯気が仏様の食事となるのです。

 

 

②あの世へと還る道標

 

亡くなられてからお供えする線香は

あの世へと還る為の道標とも言われ

線香の煙が一本の真っ直ぐな道となり

迷わないようにと願を込めるものです。

 

亡くなられてから枕元に枕飾りといって

三具足を置きます。

ローソク・花立て(シキミ)・香炉(線香立て)

 

ローソクにはあの世へ還るお灯明として

足元を照らすと言われております。

 

線香の煙があの世へ還る道を作り、

ローソクの火が足元を照らし、迷いなく

あの世へと還れるようにするのでしょうね。

シキミの香りは邪を払うとも言われ

あの世へと還るまでは亡くなられた方の

邪を払い、他の邪も寄せ付けないように

しているのかもしれませんね。

 

 

③自身の身を清める④ご先祖様との対話をする

 

線香の香りは心身を清め浄化するという

意味もあります。

その身を清めてから手を合わせ、ご先祖様と

対話をします。

対話をすることで落ち着き、ご自身の癒しにも

なるのかもしれません。

 

 

まとめ

 

線香には色々な説がありましたね。

葬儀後に線香を絶やしたらいけないの?

これは

手を合わせようと思われた時にお供えを

して下さい。

最近では色々な種類の線香がございます

好みに合わせて使われてみては如何でしょうか?

 

 

 

日々の生活の少しだけの時間で

構わないので仏壇に線香をお供えして

ご先祖様を想い、対話するだけでも

落ち着かれ癒されると思います。

 

 

 

線香をお供えする時はこのブログを

思い出していただけたら幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
福山市・井原市を中心にお金をかけず気持ちをかけるお葬式を行っている。24時間電話対応のため、毎晩枕元に電話を置いて寝ている。趣味はカープ観戦、いつか仕事が落ち着いたらマツダスタジアムに行くのが夢。
 
Top